読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟がしゃべるだけ

Single rate,オフレポ,etc.

【ORAS】 オノノガブ  初2000達成&最高レート2072更新【S8使用構築】

初めまして、カラーと申します。

この度シングルレートで念願の2000を超えを達成し、自己最高レートの2072を更新することができたので記事にして残したいと思います。

f:id:collar_erpk:20150228153004p:plain

 

f:id:collar_erpk:20150228153014j:plain

 

 今シーズン私が使用したのはオノノガブ構築です。

オノノガブ構築とは・・・鉢巻オノノクスで圧力をかけ、受けにきたポケモンをスカーフガブリアスで一掃する5世代で流行った(らしい)構築。

私がこの構築を使用した理由は色オノノクスに一目惚れし、コイツを使うならガブも一緒だなと思ったからです。意味不明ですね。

 

こちらが私が使用したPT

f:id:collar_erpk:20150228154001p:plain

それではパーティーメンバーの説明に入ります。

----------------------------------------------------------------------

 

f:id:collar_erpk:20150228154401g:plain

オノノクス拘り鉢巻

特性:型破り

性格:意地っ張り

技構成:逆鱗/ダブルチョップ/地震/馬鹿力

実数値:151-218(252)-111(4)-69-90-149(252)

S97といった微妙なラインに加え低い耐久のため特に考えずAS極振りに。

このPTの主役その1、超高火力物理アタッカー。

最大火力の逆鱗、物理受けの後出しを許さない。

ダブルチョップは襷や身代わり対策に。

鋼に通り、特性のおかげで浮遊に通る一貫性の高い地震

馬鹿力はナットレイ対策に入れましたが打つ機会は少ない印象であった。フェアリー対策に毒づきも選択肢に挙げられる。

基本的に中速ポケモンの前に出し、逆鱗で落とすか裏の物理受けに負担をかけることがほとんどであった。

 

f:id:collar_erpk:20150228160113g:plain

ガブリアスこだわりスカーフ

特性:鮫肌

性格:意地っ張り

技構成:逆鱗/地震/ストーンエッジ/アイアンヘッド

実数値:183-200(252)-116(4)-81-105-154(252)

大正義ASガブリアス

このPTの主役その2、高火力高速物理アタッカー。

一加速した珠バシャやメガバシャ、ニトチャを積んだリザXを倒す役目を持つ。

その他ゲンガーやゲッコウガ、化身ボルトなど速いポケモンを上から殴る。

岩雪崩でなく威力重視のエッジ。毒づきかアイヘかの選択はどちらの技もフェアリーに刺さるのでどちらでもいいかもしれないが、怯みで勝ち筋を残すアイヘを採用した。

個体数が少ないのかあまり読まれなくて強かったです。

 

f:id:collar_erpk:20150228162144g:plain

ルカリオメガ石

特性:精神力⇒適応力

性格:臆病

技構成:気合い玉/ラスターカノン/真空波/悪巧み

メガ後実数値:145-145-109(4)-192(252)-90-180(252)

CS極振り、特殊型のテンプレ。

高火力特殊アタッカー。

フェアリー処理班その1(主にサーナイト)、先制技持ちという理由で採用。

ガブで起点にされやすいパル、受けにくるポリ2やナットに強め。

また相手に竜技を固定させ、悪巧みの起点にしていた。

 

f:id:collar_erpk:20150228163010g:plain

フシギバナ@メガ石

特性:新緑⇒厚い脂肪

性格:のん気

技構成:ギガドレイン/ヘドロ爆弾/地震/光合成

メガ後実数値:187(252)-120-190(236)-144(12)-141(4)-91(4)

ほぼほぼHB極振り、Sは無振り70属抜きに。

物理受けその1、地震採用のため6V。

フェアリー処理班その2(主にマリルリエルフーン)、催眠対策という理由で採用。マンムーランドロスにも強く出ることができる。

ポリゴン2、サンダーといるためドランが出てきやすいので地震を採用。クチートルカリオギルガルドなどにも刺さり打つ場面は少なくなかった。

 

f:id:collar_erpk:20150228164956g:plain

サンダー@ゴツゴツメット

特性:プレッシャー

性格:図太い

技構成:10万ボルト/熱風/毒々/羽休め

実数値:191(204)-98-149(248)-152(52)-110-120 

腹太鼓後のマリルリのアクジェを確定で耐え10万で倒す

物理受けその2、地面の一貫性を消す飛行タイプ。

竜2匹を見て出てくるマリルリルカリオまたはフシギバナを見て出てくるアロー対策として採用。また相手の物理ポケモンをゴツメで削る。

マリルリとアローを確実に処理するために10万を採用。

ランドやマンダが重くめざ氷欲しい場面が多々あったが、毒々がないとクレセリアの突破が辛いのでこの技構成に落ち着いた。

 

f:id:collar_erpk:20150228172726g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

特性:ダウンロード

性格:生意気

技構成:恩返し/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

実数値:191(244)-100-114(28)-125-159(236)-72

HD振り、BはA200ガブの逆鱗確定2耐えです。

特殊受け、恩返し採用のため6V。

このPTに出てくるサーナイトや瞑想ニンフィア、蝶舞ガモスに後投げする。

特にニンフとガモスはこちらに起点に出来るポケモンが多いのでほとんど選出されていた。

サーナイトは身代わりや挑発、ウルガモスはラム持ちが多いので恩返しから入っていた。A1↑だと余裕で確定2発で落とすことが出来る。

瞑想ニンフィアはHB振りが多くA1↑恩返しで確定二発で倒せないので眠られる覚悟で電磁波から入り上から殴る。

----------------------------------------------------------------------

 

【まとめ的な何か】

2000超えたのは今シーズンが初めてで本当に嬉しかったです。またシングルレート瞬間116位という結果にも大変満足しています。

選出としてはガブ、サンダー、ルカリオの三匹が一番多かったです。

そして皆さんが気になっている(?)オノノガブの両方選出ですが、これは結構ありました。例えばカバリザXの並びだとカバをオノノクスで突破し、リザXをガブで突破するなど。つまり相手の受けポケモンオノノクスに任せ、アタッカーをガブに任せる感じです。五世代と変わってませんね・・・。

 

長くなりましたが、ここまでご拝読してくれました皆さん本当にありがとうございます。この記事が初記事となり、至らない点あるかと思いますが何卒ご了承ください。

次シーズンも新しいパーティでいい結果を残すことができたら是非紹介していきたいと思います。それと今シーズンはまだ終わっていないのでレート2100目指して頑張ります。

何かあれば collar_erpk_(TwitterID)まで

それではまた_(:3」∠)_

_(:3 」∠)_

_(:3 」∠