読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟がしゃべるだけ

Single rate,オフレポ,etc.

ラグカイロスキザン

f:id:collar_erpk:20161007232630g:plain   f:id:collar_erpk:20161007232722g:plain   f:id:collar_erpk:20161007232915g:plain

f:id:collar_erpk:20161007233113g:plain     f:id:collar_erpk:20161007233147g:plain   f:id:collar_erpk:20161007232958g:plain

 --------------------------------------------------------------------------

f:id:collar_erpk:20161007235444p:plainラグラージゴツゴツメット 

特性:激流

技構成:波乗り/ステルスロック/欠伸/吠える

実数値:205(236)-×-150(212)-105-118(60)-80

起点作成要員。

4枠目に入ってきたエルフーンにオボンが必須だと感じたためゴツゴツメットを持たせた。吠えるの枠はガブリアスを削れて初速の遅いカイロスをサポートできる凍える風も一考の余地がある。

 

f:id:collar_erpk:20161008002023p:plainカイロス@メガ石

特性:怪力バサミ→スカイスキン

技構成:八つ当たり/電光石火/ストーンエッジ/剣の舞

実数値:141(4)-207(252)-140-×-110-172(252)

抜きエースその1。

剣舞/八つ当たりまでは確定として選択技となるフェイントと電光石火はステロ+剣舞石化でゲッコウガを落とすことができ、単純に火力を優先して電光石火を採用したが、やはり優先度の関係でフェイントが欲しくなる場面もあった。

エッジは後出しボルトやサンダー、火ロトム等に刺さると思い採用した。(こちらも地震が欲しい場面がいくつか)

特性は威嚇持ちのポケモンを後投げされることが少なからずあったため怪力バサミで問題ないように思えた。

 

f:id:collar_erpk:20161008003648p:plainキリキザン@命の珠

特性:負けん気

技構成:アイアンヘッド/叩き落とす/不意打ち/剣の舞

実数値:141(4)-194(252)-120-×-90-122(252)

抜きエースその2。

少しでも多くのポケモンの上をとれるように特に調整を施さずぶっぱ。

 

f:id:collar_erpk:20161008004543p:plainエルフーン@オボンの実

特性:悪戯心

技構成:ムーンフォース/とんぼ返り/アンコール/痺れ粉

実数値:164(228)-88(4)-143(196)-102(36)-101(44)-116

上記3体で重たいキノガッサに対して後出しが安定し、とんぼ返りで対面操作を行う。

アンコールはスカーフで技固定されたバンギラスリザードンのオーバーヒート後のケアとして非常に役立った。

痺れ粉で相手の高速アタッカーの足を奪う役目も持てる。

厳選の関係で最遅個体を使っていましたがちゃんとS19個体値まで粘った方がいいです。

 

f:id:collar_erpk:20161008005039p:plainバンギラス@こだわりスカーフ

特性:砂嵐

技構成:ストーンエッジ/噛み砕く/馬鹿力/冷凍パンチ

実数値:175-186(252)-131(4)-×-120-124(252)

ゲンガー、アロー、マンダ等に対して強めな枠。リザードンYと合わせることで天候をリセットできるのが強力であった。

特筆することは特にないスカーフバンギラスのテンプレ。

 

f:id:collar_erpk:20161008010323p:plainリザードン@メガ石Y

特性:猛火→日照り

技構成:火炎放射/オーバーヒート/ソーラービーム/エアスラッシュ

実数値:153-×-98-232(252)-136(4)-152(252)

ロトムマリルリを一撃で落とすことができ、サイクルを回す中で相手により負担をかけるためにCに補正をかけた。カイロスが選出できなかった際に相手のバシャーモが重くなるためエアスラッシュを採用したがアローやシャンデラ等の炎、草の通らない相手に打てたり、怯みで勝ち筋を残したりなど使い勝手は悪くなかった。この枠は気合い玉と選択。

 

選出

f:id:collar_erpk:20161007235444p:plainf:id:collar_erpk:20161008002023p:plainf:id:collar_erpk:20161008003648p:plain or  f:id:collar_erpk:20161008010323p:plainf:id:collar_erpk:20161008005039p:plainf:id:collar_erpk:20161008004543p:plain

基本選出は①ラグラージ/メガカイロス/キリキザンか②メガリザードンY/バンギラス/エルフーンのどちらか。

対面厨パやカイロスが舞えて上から殴れそうなPTは①、ゲッコウガキノガッサ入りには②のように選出していた。

ただ①はラグラージカイロスに不意の事故が多かったため(草技持ちやスカーフ電気等)強気に選出することは出来ず、②の選出が多かったがそれで勝つことができていたため改めてメガリザードンY/バンギラス/エルフーンの並びの強さを実感した。

メガカイロスリザードンYに電気が一貫しており、電気技を止めることのできる唯一のラグラージは相手に圧力をかけれないためとにかくスカーフ電気が重かった。

--------------------------------------------------------------------------

XYの頃から使用していて好きなメガ枠でもあるメガカイロスを唐突に使いたくなりラグカイロスキザンから構築を組みましたがメガカイロスが予想以上に弱く、裏選出が強かったという感じでした...。全員が積む構築に見えるのかスカーフバンギとメガリザードンYが刺さり1900近くまではあっさりと上げれましたがそこから2000まで上げるのに時間がかかりました。回線切れも多く辛かった,,,

幻のシーズン18で2000を達成することが出来たので、残りはオン、オフラインの大会で頑張りたいと思います。

f:id:collar_erpk:20161010105141j:plain