襟がしゃべるだけ

Single rate,オフレポ,etc.

ブログトップ

 

当ブログの閲覧ありがとうございます、カラーと申します。

当ブログはポケモンのシングルレート、オフ使用構築の紹介やオンライン大会要項が中心となっています。

更新頻度はあまり高くないかもしれませんが、よろしくお願いします。

TwitterID:@collar_erpk_

 

-シングルレート最高戦績-

ORASシーズン16 最高/最終 2210 最終順位19位

collar-erpk.hatenablog.com

 

SMシーズン6 最高 2174/最終 2161 最終順位5位

collar-erpk.hatenablog.com

 

USUMシーズン13 最高/最終 2134 最終順位7位

collar-erpk.hatenablog.com

 

-オフ戦績-

真皇杯東海予選ベスト8

【ORAS】マンダハッサムライコウ【真皇杯予選&S14使用構築】 - 襟がしゃべるだけ

第4回東海シングルフェスタベスト16

第4回東海シングルフェスタ使用構築 - 襟がしゃべるだけ

第4回名大オフベスト8

マンマンレヒレ+ガルクレセシャンデラ - 襟がしゃべるだけ

かみやん祭り優勝

【かみやん祭り/SMシーズン5使用構築】リフZコケコ/悪Zサザン+カバグロス - 襟がしゃべるだけ

第6回東海シングルフェスタ4位

【SMシーズン6使用構築】攻め思考マンダマンムー【最高2174/最終2161】 - 襟がしゃべるだけ

 

 

 

 

 

【剣盾S21使用構築】眼鏡ウルガ+両壁レヒレ+ザシアン【最高2060~2070/最終198x】

【概要】

f:id:collar_erpk:20211012194139j:plain

【構築経緯】

f:id:collar_erpk:20211003183738p:plainf:id:collar_erpk:20211003190158p:plainf:id:collar_erpk:20211003190207p:plain

 環境TOPであるザシアン構築に対するメタを考えていたところ、ザシアン、そしてその取り巻きであるHBサンダーや霊獣ランド、カバなどにも対面から強く出れる眼鏡ウルガモスに着目し、このポケモンから構築を組み始めた。

 スタンダードなザシアン構築に入りがちなウオノラゴンに対しては炎技に対して繰り出される、もしくは砂かき下であると対面不利を取ってしまうため、引き先としてタイプ一致技を両方半減以下に抑えれるカプ・レヒレを採用。

 ここでこちらの禁伝枠も禁伝・一般枠問わず殴り合える範囲の広いザシアンを採用するつもりだったので、元々状態異常からザシアンを守る優秀な特性を持つレヒレを更にサポート特化させた両壁型で採用し、最終的にはこちらのザシアンを通していくルートを確立させた眼鏡ウルガ+両壁レヒレ+ザシアンの基本選出が完成した。

 

 残り枠は上記3体のみでは対応しきれず対策不可欠だと感じた黒バド軸、オーガ軸、受け構築を強く意識した駒を採用していたが最後までしっくりこず、途中何度も変えていたため最終日に使用していた個体のみ紹介。

f:id:collar_erpk:20211003201029p:plainf:id:collar_erpk:20211003201043p:plainf:id:collar_erpk:20211003201057p:plain

 

【コンセプト】

・ザシアン構築に対して高い勝率を確保する。

ミストフィールドや両壁を盾に、ザシアンで分かりやすくゲームメイクを行う。

 

【個体詳細】

f:id:collar_erpk:20211003183738p:plain

ウルガモス@こだわり眼鏡

特性:炎の体

性格:控えめ

実数値:177(132)-x-86(4)-200(212)-126(4)-140(156)

技構成:炎の舞/オーバーヒート/虫のさざめき/サイコキネシス

調整:

HB-A244ザシアンの+1ワイルドボルト確定耐え

S-最速ウオノラゴン抜き

C-余り。出来るだけ多く

ある程度の耐久とSを確保し、ザシアン構築に対して初手出し負けしない事を意識して調整した。

HBサンダーやカバ、ランドなどは軒並み上からオバヒでワンパンは勿論の事、ザシアン受けとして一定数存在した相性不利のウインディも炎の舞でゴリ押していく事も可能。

対ザシアン構築であればこのポケモン一匹で壊滅させれるほどの破壊力を持っていたが、スタンから外れたCSサンダーやASランドなどに遭遇するだけでこちらの想定していたプランが破綻するため、安定性に保障が無かったのが弱み。

技構成は殴ってるだけで積める破格の性能を持った「炎の舞」、最大火力の「オーバーヒート」、タイプ一致で水に通る「虫のさざめき」、ダイナやドヒドに通る「サイコキネシス」を選択した。

 

f:id:collar_erpk:20211003190158p:plain

カプ・レヒレ@光の粘土

特性:ミストメイカ

性格:図太い

実数値:177(252)-x-157(60)-115-150-130(196)

技構成:自然の怒り/挑発/リフレクター/光の壁

調整:

S-準速ウオノラゴンを抜け、HBサンダーをほぼ確実に抜く事を意識したライン

HB-余り

ウオノラゴンへの後出しから安定して壁展開するため、またHBサンダーを上から削り羽休め身代わり等でターンを稼がれるのを防ぐためS振り。

ザシアンの特化+1ワイルドボルトは4割程でしか耐えないが、初手に投げるよりガモスやザシアンが不利を取る相手のクッションになってもらいながら展開する動きがほとんどだったため、耐久値はそこまで気にならなかった。

持ち物は両壁採用のため光の粘土ほぼ一択。レヒレのこの持ち物はまず読まれることは無く、相手にこちらの展開を阻害されず安定して想定通りの動きを通していけたのが非常に強力であった。

両壁以外の技構成は削りを意識した「自然の怒り」とそれと相性のいい「挑発」を選択した。

 

f:id:collar_erpk:20211003190207p:plain

ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:陽気

実数値:183(124)-207(132)-135-x-135-220(252)

技構成:巨獣斬/じゃれつく/ワイルドボルト/剣の舞

調整:

HB-A244ザシアンの+1巨獣斬確定耐え

S-ミラー意識最速

A-余り

初めは最速ダイナ抜きザシアンを意識したS203で使用していたが、それでも相手のザシアンに先手を取られる事がそこそこあり、壁込みでも上から剣舞巨獣斬×2を受けてしまうのは致命的だったためこちらも最速に変更した。

削りに削ったAは両壁によって剣舞のタイミングを確保する事でカバーしていたが、悠長に積んでいると今度は先にミストフィールドの方が枯れてしまい、結局対サンダーには静電気との確率ゲーに持ち込まれてしまう場面が少なからずあったのが難点であった。

技構成は両壁と合わせて全抜きを狙う「剣の舞」、高威力命中安定の「巨獣斬」、サンダーやウオノラゴン等に通る一致技「じゃれつく」まではほぼ確定で、最後一つは鋼妖が両半減の炎にも通る受け寄りの構築にも刺さる「ワイルドボルト」を選択した。

 

f:id:collar_erpk:20211003201029p:plain

サンダー@こだわりスカーフ

特性:静電気

性格:臆病

実数値:165-x-106(4)-177(252)-110-167(252)

技構成:10万ボルト/暴風/ボルトチェンジ/熱風

黒バドを相手する以上、上から殴る事の出来る駒は必須だと感じ投入したスカーフ枠。

サンダーを選んだ理由は

・ここまで一貫している地面を切る

・選出画面で型を誤認させれる可能性が高い≒読まれにくく、こちらが試合のテンポを取りやすい

・環境に多いスカーフ持ち(f:id:collar_erpk:20211010100141p:plainf:id:collar_erpk:20211003201057p:plain)より速く、ワンパンも可能

・オーガ軸にも投げやすい

など。技構成は特に語る事の無い基本構成。

肝心の黒バドを上から一撃で落とせる技が無い点が微妙。

 

f:id:collar_erpk:20211003201043p:plain

ホルード@気合の襷

特性:力持ち

性格:陽気

実数値:161(4)-108(252)-97-x-97-143(252)

技構成:地震/電光石火/ストーンエッジ/冷凍パンチ

調整:S-準速カイオーガ抜き

ザシアンが黒バドレックスに対面強くない調整のため、アストラルビット連打で試合が終わらないよう投入したノーマルタイプ枠。

重くなりがちなウルガモスやザシアンをコピーしたメタモンのストッパーも担っている。

準速オーガやマンムーを意識して最速で使用したが、A特化であれば耐久振りザシアンを確定で落とせるという強みもある。

技構成はメインウエポンの「地震」、なんやかんやあると便利な一致先制技「電光石火」、HBサンダーに確定二発の取れる「ストーンエッジ」、後出しされやすいランドに打つ「冷凍パンチ」を選択した。

黒バドに投げる時以外は本当にマンムーでいいなと何度もなった。

 

f:id:collar_erpk:20211003201057p:plain

ウーラオス@こだわり鉢巻

特性:不可視の拳

性格:意地っ張り

実数値:175-200(252)-121(4)-x-80-149(252)

技構成:暗黒強打/インファイト/不意打ち/毒突き

ここまで重たい日ネク構築やヌオー入りの受け構築への対策、ホルードと合わせて黒バドの技の一貫を切る事も出来る鉢巻悪ウーラオスを採用した。

調整は対面での強さより崩すことを意識しているのでA特化。

技構成はメインウエポンである「暗黒強打」、「インファイト」、強力な先制技「不意打ち」、そして最後の枠は最終日付近無視できない程マッチングしたブルル付近のサイクルを崩すため「毒突き」を選択した。

特性のおかげで相手に守る択を作らせないのも強力であった。

 

【主な選出パターンについて】

VS カバザシノラゴンサンダーetc.f:id:collar_erpk:20211012175455p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plainf:id:collar_erpk:20211012175541p:plainf:id:collar_erpk:20211012175551p:plain

f:id:collar_erpk:20211003183738p:plainf:id:collar_erpk:20211003190158p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plain

VS メタモン入りザシアン軸f:id:collar_erpk:20211012181816g:plainf:id:collar_erpk:20211012175907p:plain

f:id:collar_erpk:20211003183738p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plainf:id:collar_erpk:20211003201043p:plain or f:id:collar_erpk:20211003190158p:plain

・VS 黒バド軸f:id:collar_erpk:20211012181900g:plain

f:id:collar_erpk:20211003201029p:plainf:id:collar_erpk:20211003201043p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plain or f:id:collar_erpk:20211003201057p:plain

・VS オーガ軸f:id:collar_erpk:20211012180758p:plain

f:id:collar_erpk:20211003201043p:plainf:id:collar_erpk:20211003201029p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plain or f:id:collar_erpk:20211003201057p:plain

・VS ダイナ(+ゴツメ枠)軸f:id:collar_erpk:20211012181950g:plainf:id:collar_erpk:20211012181602p:plain

f:id:collar_erpk:20211012181816g:plainf:id:collar_erpk:20211003201043p:plainf:id:collar_erpk:20211012175551p:plainorf:id:collar_erpk:20211003201057p:plain

・VS ブルル入りサイクルf:id:collar_erpk:20211012184641p:plainf:id:collar_erpk:20211012184658p:plainf:id:collar_erpk:20211012184707p:plainf:id:collar_erpk:20211012184815p:plain

f:id:collar_erpk:20211003201057p:plainf:id:collar_erpk:20211012181816g:plainf:id:collar_erpk:20211012175551p:plain or f:id:collar_erpk:20211003201043p:plain

その他構築は基本f:id:collar_erpk:20211003183738p:plainf:id:collar_erpk:20211003190158p:plainf:id:collar_erpk:20211003190207p:plainと投げる事がほとんどであった。

 

【戦績】

最終日最高45位(その時点ではレート2060 ~ 2070くらい)/最終344位(レート1981)

f:id:collar_erpk:20211012185619j:plain 

 

 

 

 

 

【あとがき】

 超絶久しぶりにポケモンガチ対戦に参戦しました。

 きっかけはいろはさんから「今期のポケモンはおもろいからやれ」と連絡が来て(これ自体は一年前くらいからずっと言ってる)、更に6,7世代の人も皆やってるとの事+眼鏡ウルガ両壁レヒレザシアンの案までくれたので流石にやり始めるを得ませんでした。

 結果ルールが面白くて久々の対戦は超楽しかったし、普通に構築も強くて構築ビルダーいろは様々って感じでした。

 最終日深夜帯に2000~2070くらいまでウロウロしていたので2100まで目指していましたが最後はダイナ軸に負けまくったり立ち回り雑だったりとで勝ち切れなかったのが残念でした。猛省。

 その事もあって今期こそ勝ちたいな~とは思っているので、時間確保していい結果が出るよう頑張ります。ここまで読んで下さりありがとうございました。

 また構築案くれたいろは、なんやかんや色々手助けしてくれたもぐらちゃん、マッチングした方々に圧倒的感謝🙏

 

【剣盾S1】2エースヌルアントウオ 最終128位

f:id:collar_erpk:20200103143102j:plain

【構築経緯】

終盤間近バンドリオノノやカバシャワーズオノノなど色々使っていたが中々勝ち切れず悩んでいると身内のポケモン勢が皆"ヌルアントが強い"と口を揃えて言っていたので試しに使ってみるとアイアントの爆発的火力、タイプ:ヌルの対面操作性能の高さに惹かれ命中不安な要素はあるも勝ちを拾える試合はそれなりに保てるのではないかと思い使用するに至った。構築の要である"ヌルアント"は確定でどの相手に対しても上から蜻蛉で対面操作を行え、タイプヌルが隙の見せやすい身代わりに対しても役割を遂行できる"すりけドラパルト"を次に採用し、アイアントと同じく爆発的火力を発する事ができ相性補管の優れた"ウオノラゴン"を採用。残り2匹の枠はコロコロ変えて色々と試していたが最終的に"ドサイドン"と"ユキノオー"を採用した。詳細は後述にて。

 

【個体詳細】

f:id:collar_erpk:20200103174317p:plain

タイプ:ヌル@進化の輝石
性格:呑気
実数値:202(252)-115-161(+252)-115-116(4)-57(個体値0)

※実際は個体用意が間に合わずS0個体では無かった。ミラー意識でS0推奨。
技構成:とんぼ返り/トライアタック/凍える風/電磁波

主に本構築の決定打であるアイアントとウオノラゴンが不利を取る相手に受け出して攻撃技を流し、こちらに有利な対面を再展開する。最初物理技に受け出す機会が比較的多いと感じたためHB特化で使用していたが、後々サザンドラロトム系統等にも投げていく場面も要所要所あったため努力値振りに関しては諸説ある。

対面操作の行える蜻蛉帰り、自身が殴り勝っていくため+追加効果に期待できるトライアタックまでは確定で残りはこちらのエースより上を取ってくる相手の足を奪える電磁波、同じく電磁波の通らない地面タイプやラム持ちにも有効でドラパルトの打点もなれる凍える風を採用した。

 

f:id:collar_erpk:20200103174332p:plain

アイアント@命の珠
特性:はりきり
性格:陽気
実数値:133-161(252)-133(4)-x-68-177(+252)
技構成:アイアンヘッド/出会い頭/馬鹿力/雷の牙

優れた技範囲に素早さ、そして何よりその爆発的火力に目がいく本構築の決定打担当その1。終盤にはミラーも多く予想出来たのでAS振り切り。

技構成はメインウエポンのアイアントヘッド、範囲は他と比べ劣るがタイプ一致かつスカーフ持ちや自身より速い相手に打てるのが大きい出会い頭、上二つのタイプが通らない鋼への打点、またダイマ時に突破力を高める事が期待できる馬鹿力、環境トップのアーマーガア、ギャラドスへの打点として雷の牙を採用した。技構成はこれで申し分ないと思っていたが終盤襷以外のギルガルドに何度かマッチングし処理に大変困ったため地面技も欲しいと感じた。入れ替えるなら範囲の被る馬鹿力が候補に挙がる。

ダイマ時では命中安定で高火力技を打てるためはりきりの命中率には目を瞑れるだろう、そう考えていたが実際は素で技を打つ機会が非常に目立ち(特に出会い頭)運に左右される場面が多く8割とはいえ安定したかと言えばそうでなかったと思える。このポケモンを運用するなら当然ではあるが頼り切らないこと、ダイマックスエースとして通していけるように構築を練る、試合の流れをしっかりと構想する必要があるように感じた。

 

f:id:collar_erpk:20200103174341p:plain

ドラパルト@こだわりスカーフ

特性:すりぬけ

性格:控え目

実数値:163-141(4)-95-167(+252)-95-194(252)

技構成:流星群/大文字/蜻蛉帰り/鬼火

C:流星群でH極振りドラパルト(195-96)確定1発

   大文字で耐久無振りヒヒダルマ(181-75)確定1発

ここまでの素早さ実数値にスカーフを持たせとんぼ返りを採用することで初手様子見がしやすく、終盤のスイーパーも行える優秀なポケモン。特殊型で採用した理由は終盤増加傾向にあったと感じる耐久振りドラパルト(ドラゴンアローオボン込み耐え調整、アッキの実持ち等)やダイマックスドラパルトに対しこちらのダイマックスを切らずに対処できる(後者に関しては少し削れていることが前提)点、場を荒らされやすいスカーフヒヒダルマアイアントに打点を持ちたかったという主な2点である。

その反面ゴースト技を採用出来ず、素で技を打つ際は打ち逃げになりやすい、命中不安要素があるという物理型と比べて単体性能の低さが目立った。

性格は元々の火力が低いためそこを補える控え目、技構成はメインウエポンの流星群、ダルマや鋼の打点に大文字、対面操作として優秀な蜻蛉帰り、本来はダイウォールが出来るようにするためという目論みではあるが相手の物理アタッカーを機能停止に追い込める手段として鬼火を採用した。鬼火の枠は呪いでも十分機能すると感じた。

 

f:id:collar_erpk:20200103174411p:plain

ウオノラゴン@こだわり鉢巻

特性:頑丈顎

性格:陽気

実数値:165-142(252)-121(4)-x-100-139(+252)

技構成:エラがみ/逆鱗/噛み砕く/寝言

A:エラがみ(威力170)H極振りダイマックスバンギラス(414-131)確定1発

          HB特化アーマーガア(205-172)乱数1発(18.7%)

               無振りドラパルト(163-95)乱数1発(87.5%)

こちらも対面操作+高火力というコンセプトに乗っ取って採用した第二のアイアント的存在。先制で打てるもしくは後出しで繰り出される事限定ではあるがその火力は凄まじくHB特化の物理受けでも致命傷を与え、耐久無振りの水半減アタッカーの無理矢理な後出しを許さない。また地味に水/竜タイプとアイアントが苦手とする炎技に滅法強くアイアントに打たれる炎技のクッションとして運用する事もあった。最速アーマーガアやミラー、素早さ同種族値のストリンダーを意識して最速ASで使用したが後者はまず活きた機会が無かったので最速アーマーガア抜き抜き程度までに抑えて耐久に振った方が強いと感じた。

技構成はメインウエポンのエラがみ、タイプ一致でエラがみと合わせて範囲の取れる逆鱗、ドラパルト意識で噛み砕く、ダイマ時柔軟に立ち回れるようにダイウォールを採用したがエラがみ以外の技を打った記憶がほとんどない。噛み砕くに関しては本当に打たなかったのでドヒドイデ意識のサイコファングラプラス意識のけたぐりのどちらかでいいと断言できる。頑張って強そうに書いたが実際はやはり行動保障の無さが目立ちスカーフで使いたい場面も多く感じられた。

 

f:id:collar_erpk:20200103174421p:plain

ドサイドン@弱点保険

特性:ハードロック

性格:意地っ張り

実数値:213(180)-187(+76)-151(4)-x-76(4)-91(244)

技構成:ロックブラスト/地震/炎のパンチ/剣の舞

悩みに悩んでいた2枠で電気の一貫を切っていなかったことではりきりパッチラゴンに好き放題されたことやトゲキッスに気持ち強めのポケモンが欲しかったためその2点に当てはまるドサイドンを終盤急遽採用した。構築全体で受け回しを軽視していたので剣の舞を採用した型で運用したいと考えていたところ終盤でこのポケモンに欲しかった要素を詰め込んだ育成論と出会ったのでそのまま調整をお借りした。

ドサイドン育成論 : 対応範囲重視|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

後出しされるHBアーマーガアを何度も剣舞ダイバーンで葬り、対面性能もそこそこ高いため非常に使い勝手が良かった。持ち物は剣舞アタッカーとして状態異常に耐性の持てるラムの実と入れ替えて使っていたが上から弱点技を打たれ耐えて返す場面の方が多く感じられたので最終的には弱点保険に落ち着いた。

 

f:id:collar_erpk:20200103174431p:plain

ユキノオーきあいのタスキ

性格:うっかりや

実数値:165-118(44)-95-158(+252)-94-107(212)

技構成:吹雪/リーフストーム/氷の礫/絶対零度

S:素早さ無振りロトム(106)抜き

最後の一枠はそこそこマッチングしたトリトドンや水ロトム入りに苦戦を強いられていたので、それらに刺さる草打点のポケモンを採用しようと思っていたが大体草を受けられるアーマーガアや竜タイプの同居率が高かっためそれらに打点を持つことができ、対面性能がそこそこな襷ユキノオーを採用した。アーマーガアに対するダメージやウッドハンマーで襷が削れるのを嫌って特殊メインの型で採用した。ロトムの型判別も兼ねて素早さは無振りロトム抜きまで降り、残りは少しでも礫のダメージ量を上げるためAに振った。技構成はメインウエポンの吹雪にリーフストーム、対面性能の高める礫、受け回しや突破が厳しくなった相手に対してワンチャンス残せる絶対零度を採用。種族値は高くないものの単鋼や炎以外の相手には一致効果力技が通り、本目的以外のトドンや水ロトム入り以外の構築にも選出しそれなりの活躍を見せてくれた。

 

【結果】

中盤最高58位(画像無し)

終盤最高88位

f:id:collar_erpk:20200103174519j:plain

最終128位

f:id:collar_erpk:20200103174606j:plain

 

前期は最終2桁を目標に潜っていて、1月1日の9時を迎える段階で再度2桁チャレンジになるも敗れ不甲斐無い結果に終わってしまいました。準備不足が目立つ1シーズンだったと実感はあるので次こそ頑張りたいの一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8回からきおす杯要項

【運営】

カラー(@collar_erpk_)      

たかきおす(@LK1oS)

 

今大会は外部ボイスチャットツール「discord」を使用して大会を進行させます。

discordapp.com

 

その為大会に参加する前提条件として「事前にdiscordアプリのインストールすること」が必要となります。

ただしチームリーダーとのやり取りを主な目的とするため、discordのインストールはチームリーダーのみで構いません。大会を円滑に進めるにあたっての考えなので何卒ご理解いただけますようによろしくお願いします。

 

【開催日時、当日の流れ】

12月22日(日)

19時00分 点呼開始

※ チームメイト全員からの確認が取れ、試合の準備ができ次第チームリーダーはDiscordに記載された方法で点呼と勝利報告を行ってください。

19時40分 点呼完了予定

20時00分 対戦開始予定

終了時間未定

12月21日(土) 24時 申請締め切り。

なるべく余裕をもって申請をするようお願い致します。

 

【主なルール】
・ランクバトル シングルバトル シリーズ1準拠

・五人一組のチーム戦

・対戦相手チーム確定後、振り分けた番号(1,2,3,4,5)同士の人が対戦します。番号1の人から順を追って対戦するという決まりはありません。準備が整い次第各々対戦を開始して下さい。

※対戦する際に不在の人は不戦敗です。チーム内で1敗したことになります。

 

【免責事項】
・ゲームサーバーのトラブル等が発生した場合は大会を中止とします。
・参加者同士のトラブルは参加者同士で解決してください。
・ただし、対戦の勝敗に関するジャッジのみ運営が関与する場合があります。

 

【禁止事項】
・大会詳細・Discordの詳細(リーダーに限る)説明に記載されている内容に反する行為を行う事。
・運営の指示に従わない事。
・同一人物の複数参加を行う事。
・暴言・晒しを行う事。
公序良俗に反する名前や、特定の個人に成り済ます名前を使用する行為。

 

【失格】
・大会進行に大きく関わる、もしくは他の参加者への迷惑行為を行った場合は、運営の判断により失格とする場合があります。
・特にチームリーダーに関しては厳しい処置を行います。

 

【ルールのダウンロードについて】

今作では通信対戦をランクマッチ準拠で行うために「ルールのダウンロード」を行う必要があります。ですので、以下の手順に従ってダウンロードを行ってください。
1.Wi-Fiに接続してバトルスタジアムに進みます

f:id:collar_erpk:20191201094341p:plain

2.ルールのダウンロードを選択し、この画面になればダウンロードが完了します

f:id:collar_erpk:20191201094431p:plain

 

以下、"4人のチームメイトのまとめ役を担う"チームリーダーが必ず目を通す必要のある要点になります。チームリーダーに選ばれた方はその責任感をもって当日大会に臨むようよろしくお願い致します。

 

【申請方法】

・まず大会参加を希望する五人一組チームの代表"チームリーダー"は下記の招待コードから『第8回からきおす杯』サーバーに入室してください。

※必ず当日15時までにサーバーに入室して下さい。この時間以降に入室された場合大会に参加できなくなる可能性があります。

discord.gg

f:id:collar_erpk:20191201104053p:plain

上記画像のように「招待を受ける」をタップ(クリック)すれば入室完了です。

・入室後『申請・ニックネーム』チャンネルに記載された通りに※申請、ニックネーム変更を行い、その他各チャンネルにて"点呼"、"対戦手順"、"注意事項"についてご確認よろしくお願い致します。

 ・もし申請完了後、私事都合によりリーダー本人もしくはチームメイトの大会参加が不可能になりチームメイトの変更を行いたい場合大会当日(12月22日)の18時までに運営のどちらかにDiscordのDMにて連絡をして下さい。(リーダー変更の場合はサーバに入室してから変更の申請を行う)

本来あってはならないことのため参加不可能もしくは参加出来ない可能性が高い事実が発覚した次第、迅速な対応をお願い致します。

当日(12月22日)18時以降のチームメイトの変更は一切受け付けません。試合開始後にチーム内に不在者がいた場合上記の【主なルール】の通り不戦敗扱いになり、チーム内で一敗したことになります。大会当日チームメイトが欠員してしまった場合対戦相手にその旨を伝えるようよろしくお願い致します。

 

申請は申請フォームにならってチーム名、名前@Twitter{5人分}を入力して下さい。

 

それでは、今回も第8回からきおす杯をどうぞよろしくお願い致します。

 

第7回からきおす杯要項

【運営】

カラー(@collar_erpk_)      

たかきおす(@LK1oS)

 

今回もいつも通り外部ボイスチャットツール「discord」を使用して大会を進行させます。

discord公式サイト

 

その為大会に参加する前提条件として「事前にdiscordアプリのインストールすること」が必要となります。

ただしチームリーダーとのやり取りを主な目的とするため、discordのインストールはチームリーダーのみで構いません。大会を円滑に進めるにあたっての考えなので何卒ご理解いただけますようによろしくお願いします。

 

【開催日時、当日の流れ】

10月19日(土)

19時00分 点呼開始

※ チームメイト全員からの確認が取れ、試合の準備ができ次第チームリーダーは

kiossamu.hatenablog.com

に記載された方法で点呼と勝利報告を行ってください。

19時40分 点呼完了予定

20時00分 対戦開始

終了時間未定


10月18日(金) 24時 申請締め切り。なるべく余裕をもって申請をするようお願い致します。

 

【ルール】

ウルトラサン・ウルトラムーンシングルレートS17準拠

・再現可能個体であればカロスマーク・色違い・ボールは不問とする。

・シングルフラット

・五人一組のチーム戦

・トーナメント形式(三人勝ったチームの勝ちあがり)

・故意のTOD禁止

・対戦相手が決定してから相手と15分以上連絡が取れない場合運営に報告してください。

・回線切れが起きた場合は可能であれば再現を行ってください。不可能な場合は両者間で話合い、お互いに納得が行く処理ができない場合は運営を呼び出してください。ジャッジします。またジャッジにより勝敗を決定する場合は回線不良を起こしたと思われる方に不利な判定を下す可能性が非常に高いです。回線が切れた際にはDSの画面の写真を撮って運営に提出することを推奨します。(ジャッジがしやすくなるため)

・二連続で回線が切れた場合、切れた方が負けとなります。

※回線切れを起こした人の下画面には「相手との通信に失敗しました。/サーバーとの通信が切断されました。」
 相手に切断された人の下画面には「相手との通信が切断(エラー)されました。」と表示される

・途中でのPT(ポケモン、個体、技、持ち物)の変更可能

ツイキャスニコニコ生放送などで対戦を放送する場合、相手の許可をとって下さい。

・30分経過して試合が終わらなかった場合、運営に残ポケ数と具体的な状況を伝えて下さい。

・対戦する際に不在の人は不戦敗です。チーム内で1敗したことになります

QRレンタルチームでの参加を許可します。

・同一人物が2ROM以上での参加禁止

 

【申請方法】

チームリーダーは初めにこちらに貼られた招待コードから大会用サーバに参加してください。

discord.gg

※ サーバー入室について
当日15時以降に入室した場合はエントリーできない可能性が有ります。申請時に入室することを推奨します。

こちらからチャンネルの機能については「トーナメント更新自動化bot」にて、申請方法は「ぽけっとふぁんくしょん!大会エントリー機能」からご確認お願い致します。

申請ページがこちらになります。

nouthuca.com

※ Twアカウントが無い人
TwitterIDを「No_Account」で申請しても問題ありません。但し、チームリーダーは連絡を取ることができるTwitterアカウントの用意をお願いします。
また、円滑な進行に協力していただくためにもなるべくTwitterアカウントを用意してください。

 

【チーム名に関するお話】

・チーム登録
チーム名は32文字以内でお願いします。

半角文字も一文字扱いとなります。
・使用禁止
1.『』 #
2.特定の個人名、公序良俗に反する物

※特定の個人名について

チームやそのメンバーに関係しない第3者の名前を使用する事を禁止します。

名前を使用する事に本人が公認していれば例外として許可します。
これらに該当する者は運営から訂正を求めるケースがあります。

 

 

参加される方はこの要項の全ての項目に目を通すようにして下さい。

それでは、今回も第7回からきおす杯をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

【S15使用構築】鬼リザYグロス

【使用した並び・個体】

f:id:collar_erpk:20190619184210j:plain

 

f:id:collar_erpk:20190620192710p:plainリザードンリザードンナイトY

171(140)-×-112(108)-180(4)-136(4)-167(252)

オーバーヒート/ソーラービーム/鬼火/羽休め

f:id:collar_erpk:20190620193043p:plainメタグロスメタグロスナイト

173(140)-211(212)-171(4)-×-145(116)-135(36)

思念の頭突き/アームハンマー/バレットパンチ/雷パンチ

f:id:collar_erpk:20190620194350p:plain霊獣ランドロス@バンジの実

196(252)-166(4)-143(156)-×106(44)-118(52)

地震/撃ち落とす/ビルドアップ/身代わり

f:id:collar_erpk:20190620194526p:plainカビゴン@イアの実

254(148)-133(20)-128(252)-×-141(84)-51(4)

捨て身タックル/地震/鈍い/リサイクル

f:id:collar_erpk:20190620194715p:plainゲッコウガ@ノーマルZ

147-116(4)-87-155(252)-81-191(252)

奮い立てる/破壊光線/悪の波動/けたぐり

f:id:collar_erpk:20190620194834p:plainミミッキュミミッキュZ

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

じゃれつく/影打ち/剣の舞/身代わり

 

【構築経緯】

 ガルランド(+ゲコガルド)をボコす鬼火/羽休め型のリザードンYをたまたま考案し、使用していたところ場持ちの良くなる羽休め、物理ATを機能停止させる、オバヒを打った後の起点回避になる鬼火の使用感が良く、どちらの技も相手視点から考慮されにくく見えない勝ち筋を掴みやすい点や汎用性を保っていてガルランド以外の多方面の構築に出せる点が非常に優秀だと感じたためこのポケモンから構築を組み始めた。2体目に鬼火と合わせて詰ませ性能がより高くなる鈍いカビゴン、3体目に電気の一貫切りとここまでキツいリザXや馬車に対して受けだせることができこちらも鬼火と合わせて詰ませ性能の高くなるビルド霊獣ランドロスを考えていたところ非力さんが使用していた構築に辿り着き、完成度の高さからそれを参考に残りの駒を埋めて構築を完成させた。

maskpoke.hatenablog.com

 

【個体詳細】

※カビ、ランド、グロスは元記事と調整が一緒なため割愛

f:id:collar_erpk:20190619185847g:plain

リザードン@リザードンナイトY

性格:臆病

技構成:オーバーヒート/ソーラービーム/鬼火/羽休め

実数値:171(140)-×-112(108)-180(4)-136(4)-167(252)

<H-B>

→A182ガブリアスの岩石封じ13/16耐え

→A197メガメタグロスの雷パンチ確定耐え

<H-D>

→C170ゲッコウガハイドロカノンZ晴れ下確定耐え

<C:晴れ下オーバーヒート>

→耐久無振りカプ・テテフ(145-135)を確定1発

→H振り霊獣ランドロス(196-100)を確定1発

<C:ソーラービーム>

→耐久無振りゲッコウガ(147-91)を確定1発

→H振りカプ・レヒレ(177-150)を確定2発(110~130)

(半回復木の実が発動しないライン)

 

有象無象の岩技を耐える耐久にガッツリ振る型も考えたがやはり基本的に上から鬼火を入れたいのと相手の性格/型判別にも有用であるため最低限の耐久を確保し最速で使用した。C4振りでもD方面硬い耐久無振り型やD方面並みのH振り型のポケモンなら特性と合わせてオーバーヒートで飛ばせる火力を保持することが出来る。またこの並びのYは読まれにくく、後出される事が多かったHBカバやランドを一掃するなど型読みしてくる相手には滅法刺さった。鬼火/羽休め/オーバーヒートまでは確定で最後の技は水に通るソーラービームを選択した。身代わり連打で激流圏内に押し込んでくるゲッコウガは晴れ下でカビゴンを繰り出すことで安定して受けだすことが出来る。

 

f:id:collar_erpk:20190619193707g:plain

ゲッコウガ@ノーマルZ

性格:無邪気

特性:変幻自在

技構成:奮い立てる/破壊光線/悪の波動/けたぐり

実数値:147-116(4)-87-155(252)-81-191(252)

<C:+1破壊光線Z>

→H振りカプ・レヒレ(177-150)を15/16で1発

→H振りドヒドイデを確定1発

<A+1けたぐり>

→H振りヒードラン(197-127)を11/16で1発

 

 ゲッコウガを出したい並びには基本レヒレが入っていることが多かったため、ゲコを受けに来るドヒドポリ等も纏めて処理できる奮い立てる破壊光線Z型で採用した。残りの技は範囲の取れる悪の波動、ナットドラン意識でAに振らなくても奮い立てるを詰めばかなりの火力が出るけたぐりを採用した。HBラッキーに対しては2積みでようやく2発で押し切れるレベルなのであまり圧力にはならなかった。

 

f:id:collar_erpk:20190619194904g:plain

ミミッキュミミッキュZ

性格:意地っ張り

技構成:じゃれつく/影打ち/剣の舞/身代わり

実数値:131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

AS振り切り

この持ち物でシャドークローを打ちたい相手がおらず、全体的にガッサを軽視しているためその対策として身代わりを入れたがポリの電磁波やカバの欠伸透かし、後出し+1ミミZ耐えランドのとんぼからミミの皮を剥いで上からワンパンする駒に繋ぐ動きの阻止、Z技持ちにありがちな裏読みでZを切るか切らないかの択の引き伸ばしとして身代わりは非常に優秀な技であった。最速レヒレが増加傾向にあったためその上を取る最速も考えたが共有カバを一撃で落とせる可能性があるのと崩しに特化させたかったため意地っ張りで採用していた。

 

【結果】

最高 2087

最終 2051

f:id:collar_erpk:20190620203154j:plain

 

 

f:id:collar_erpk:20190620203211j:plain

鬼火を外す度に吠え猛り獣の如く暴れ廻っていたらいつの間にか家の半分が消し飛んでいました。僕たちの家を、返して下さい....

 

第6回からきおす杯要項

【運営】

カラー(@collar_erpk_)      

たかきおす(@LatKioS)

 

今回もいつも通り外部ボイスチャットツール「discord」を使用して大会を進行させます。

discord公式サイト

https://discordapp.com/

 

その為大会に参加する前提条件として「事前にdiscordアプリのインストールすること」が必要となります。

ただしチームリーダーとのやり取りを主な目的とするため、discordのインストールはチームリーダーのみで構いません。大会を円滑に進めるにあたっての考えなので何卒ご理解いただけますようによろしくお願いします。

 

【開催日時、当日の流れ】

5月19日(日)

19時00分 点呼開始

※ チームメイト全員からの確認が取れ、試合の準備ができ次第チームリーダーはこちらのブログに記載された今回から新しく導入された方法点呼と勝利報告を行ってください。従来のものとはやり方が異なるのでご注意お願いします。

kiossamu.hatenablog.com

19時40分 点呼完了予定

20時00分 対戦開始

終了時間未定


5月18日(土) 24時 申請締め切り。なるべく余裕をもって申請をするようお願い致します。

 

【ルール】

・ウルトラサン・ウルトラムーンシングルレートS15準拠

詳細URL

https://3ds.pokemon-gl.com/information/4f8aab9d-df73-43b7-8c51-d7579176fdeb

・再現可能個体であればカロスマーク・色違い・ボールは不問とする。

・シングルフラット

・五人一組のチーム戦

・トーナメント形式(三人勝ったチームの勝ちあがり)

・故意のTOD禁止

・対戦相手が決定してから相手と15分以上連絡が取れない場合運営に報告してください。

・回線切れが起きた場合は可能であれば再現を行ってください。不可能な場合は両者間で話合い、お互いに納得が行く処理ができない場合は運営を呼び出してください。ジャッジします。またジャッジにより勝敗を決定する場合は回線不良を起こしたと思われる方に不利な判定を下す可能性が非常に高いです。回線が切れた際には写真を撮って運営に提出することを推奨します。

・二連続で回線が切れた場合、切れた方が負けとなります。

※回線切れを起こした人の下画面には「相手との通信に失敗しました。/サーバーとの通信が切断されました。」
 相手に切断された人の下画面には「相手との通信が切断(エラー)されました。」と表示される

・途中でのPT(ポケモン、個体、技、持ち物)の変更可能

ツイキャスニコニコ生放送などで対戦を放送する場合、相手の許可をとって下さい。

・30分経過して試合が終わらなかった場合、運営に残ポケ数と具体的な状況を伝えて下さい。

・対戦する際に不在の人は不戦敗です。チーム内で1敗したことになります

QRレンタルチームでの参加を許可します。

・同一人物が2ROM以上での参加禁止

 

※ここも前大会と募集方法が異なります。

【申請方法】

チームリーダーは初めにこちらに貼られた招待コードから大会用サーバに参加してください。

discordapp.com

こちらからチャンネルの機能については「トーナメント更新自動化bot」にて、申請方法は「ぽけっとふぁんくしょん!大会エントリー機能」からご確認お願い致します。

申請ページがこちらになります。

nouthuca.com

 

【チーム名に関するお話】

・チーム登録
チーム名は32文字以内でお願いします。

半角文字も一文字扱いとなります。
・使用禁止
1.『』 #
2.特定の個人名公序良俗に反する物

※特定の個人名について

チームやそのメンバーに関係しない第3者の名前を使用する事を禁止します。

名前を使用する事に本人が公認していれば例外として許可します。
これらに該当する者は運営から訂正を求めるケースがあります。

 

 

参加される方はこの要項の全ての項目に目を通すようにして下さい。

それでは、今回も第6回からきおす杯をどうぞよろしくお願い致します。